宅配水と言ってもいろいろな種類があります

宅配水と言ってもいろいろな種類があります

宅配水と言ってもいろいろな種類があります

一言で宅配水と言ってもいろいろな種類があります。

 

天然水は富士山など長い時間をかけて自然にろ過され、湧き出してくる水源地から採取したお水です。

 

安心して飲めるように加熱殺菌後にご家庭にお届けされます。

 

天然のミネラルが豊富に含まれているので、美味しく感じるのが良い点です。

 

水道水のように塩素で消毒されていないので、嫌な臭いもないです。

 

その他にも超微細な穴が開いているフィルターで不純物を徹底的に除去したRO水があります。

 

限りなく純水に近いので身体に有害な成分や、細菌やウイルス、放射能などの心配が無いのが良い点です。

 

純水に近いとミネラルも除かれてしまうので美味しく感じないです。

 

そこで人工的にミネラルを加えて宅配水にしていることが多いです。

 

RO水は水質の綺麗な水源地から採取してこなくて済むので、天然水より価格が安い傾向があります。

 

どちらも安全なお水には変わりませんが、より安全性が高いのがRO水です。

 

赤ちゃんの粉ミルクを溶かすお水としても最適です。

 

味の美味しさでは天然のミネラルを含んだ天然水のほうが優れています。

 

美味しいお水のほうが良い方は天然水、より安心して飲みたい方はRO水を選ばれると良いです。

 

宅配水の業者によって天然水、RO水と違うことがあるのでホームページをよくご覧下さい。

宅配水を使うようになりました

 

宅配水を使うようになりました。

 

今までは飲み水はスーパーで買ってくる安売りしているペットボトルの水を買っていました。

 

1か月の飲み水のお金も結構な金額になり、また重たいので家まで運ぶのが大変でした。

 

安いからといってたくさん買いすぎても保存している期間が長くなってしまうので、そうそう買いだめもできません。

 

保管場所もあまりないので大量には買っておくことができません。

 

料金、運搬や保管面を考えた結果、ペットボトルではなく宅配水を使うことに決めました。

 

ウォーターサーバーのレンタル料金や水の送料が無料という点にも惹かれました。

 

たぶんレンタル料金と送料がかかってしまうようだったら宅配水を使わなかったと思います。

 

お店によっては有料のところもあります。

 

水自体の料金は安くてもレンタル料金と送料がかかってしまったり、水は高くてもレンタル料金と送料が無料だったりといろいろありますので、よく調べてからお店を選んだほうがいいと思います。

 

宅配水の容量もお店によって24Lや36Lといろいろあるので、料金だけを見て安いからといってすぐ選ぶのではなく、容量と料金の両方を考えないといけないです。

 

また、注文単位も2本から注文できるお店や6本以上でないと受け付けていないというお店もあるので、自分の家でどのくらい宅配水を使うかということも計算して選ぶことも大切になってきます。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ